硬質地盤クリア工法
鋼管杭 GAIA PAILE工法
既在杭引抜工法(ケーシングジェット工法)
アンギラス工法 (リーダーレス工法)
鋼矢板油圧圧入工法(サイレントパイラー)
オールケーシング工法(全周回転式オールケーシング工法)
KOSMOSゴンドラ工法(構台と桟橋架設)
仮設浅橋工事
山留基礎工事
地盤改良工事
回転貫入鋼管杭工法 (アルファウイングパイル工法)
既存杭引抜き工法
即製杭工法
場所打ち杭工事
ドーナツオーガー先行堀工法
鋼管杭中堀工法
ウォータージェット工法
ダウンザホールハンマー工法(岩盤削孔工事)

2014年2月(3)
2013年11月(1)
2011年10月(16)
2011年7月(1)
2010年11月(37)
2010年10月(1)





管理者用 ログイン画面
  工法紹介
硬質地盤クリア工法

硬質地盤クリア工法
『NETIS』登録済み(登録番号 CB980118-V)
■工法概要■
硬質地盤(玉石混りの砂礫層や岩盤等)に鋼矢板を打設する場合、掘削機と杭打機の2種類の大型機械を用いて作業を行います。従来の方法では環境への悪影響も心配され、安全性にも問題があります。これらのマイナス要素を改善され開発されたのが「硬質地盤クリア工法」です。
硬質地盤クリア工法は圧入機本体も軽量・コンパクトで鋼矢板とオーガを連動、圧入することで騒音・振動等を抑え、高い安全性を誇ります。周囲への威圧感も無く、システム技術による仮説レス化で、スピーディーな施行で環境負担にもやさしく、工期自体も短く低コストで行える工法です。又、従来の工法では困難とされる傾斜地や水上での施行も可能です。

●圧入の優位性
無振動・無騒音
転倒しない
圧入機本体は軽量・コンパクト
杭の支持力を確認しながら施行できる
高密度の施工ができる

●杭抜き理論(圧入オーガの連動)
圧入とオーガー掘削を連動させた当社独自の「芯抜き理論」により、圧入の優位性を損なうことなく、硬質地盤への圧入を現実にする。

■多くのメリット
玉石・礫を含む地盤や岩盤などの硬質地盤への圧入ができる
従来工法の杭打機のような転倒の危険や威圧感がない
圧入機本体は軽量・コンパクトで、狭い場所や傾斜地でも施工可能
掘削は最小限に抑えるため排土量は極めて少なく、強固な杭連続壁を構築できる
独自のシステム施工技術により、環境負担の少ない
「グリーン工法*」を現実
*株式会社技研製作所により、平成13年度「環境賞」を受賞
硬質地盤クリア工法は、国土交通省の新技術活用システム「NETIS」に登録済
(登録番号 CB980118-V)で、技術活用パイロット事業に用いる工法として運用中



続きを読む...

■日時 : 2011-07-07 23:32:35■工法・技術

鋼管杭 GAIA PAILE工法

ガイヤパイル工法の特徴

細径鋼管の先端に半円形の拡翼2枚と三角形の掘削刃を取り付けた回転管入杭であり、幅広いニーズに対応する大臣認定の工法です。



杭頭偏心の抑止や中間層の貫通能力を考慮した精度の高い杭先端形状、高い性能施工機械。
有効設置面が均等になるよう考慮した対称杭先端形状。



■日時 : 2010-11-11 15:34:07■工法・技術