硬質地盤クリア工法

2014年2月(3)
2013年11月(1)
2011年10月(16)
2011年7月(1)
2010年11月(37)
2010年10月(1)





管理者用 ログイン画面
  工法紹介
硬質地盤クリア工法

硬質地盤クリア工法
『NETIS』登録済み(登録番号 CB980118-V)
■工法概要■
硬質地盤(玉石混りの砂礫層や岩盤等)に鋼矢板を打設する場合、掘削機と杭打機の2種類の大型機械を用いて作業を行います。従来の方法では環境への悪影響も心配され、安全性にも問題があります。これらのマイナス要素を改善され開発されたのが「硬質地盤クリア工法」です。
硬質地盤クリア工法は圧入機本体も軽量・コンパクトで鋼矢板とオーガを連動、圧入することで騒音・振動等を抑え、高い安全性を誇ります。周囲への威圧感も無く、システム技術による仮説レス化で、スピーディーな施行で環境負担にもやさしく、工期自体も短く低コストで行える工法です。又、従来の工法では困難とされる傾斜地や水上での施行も可能です。

●圧入の優位性
無振動・無騒音
転倒しない
圧入機本体は軽量・コンパクト
杭の支持力を確認しながら施行できる
高密度の施工ができる

●杭抜き理論(圧入オーガの連動)
圧入とオーガー掘削を連動させた当社独自の「芯抜き理論」により、圧入の優位性を損なうことなく、硬質地盤への圧入を現実にする。

■多くのメリット
玉石・礫を含む地盤や岩盤などの硬質地盤への圧入ができる
従来工法の杭打機のような転倒の危険や威圧感がない
圧入機本体は軽量・コンパクトで、狭い場所や傾斜地でも施工可能
掘削は最小限に抑えるため排土量は極めて少なく、強固な杭連続壁を構築できる
独自のシステム施工技術により、環境負担の少ない
「グリーン工法*」を現実
*株式会社技研製作所により、平成13年度「環境賞」を受賞
硬質地盤クリア工法は、国土交通省の新技術活用システム「NETIS」に登録済
(登録番号 CB980118-V)で、技術活用パイロット事業に用いる工法として運用中




当社では、環境性、安全性、急速性、経済性、文化性に重点を置き、地域住民や施工主等に配慮し以下の事を現実にします。

●環境性について
より環境に配慮した機械と工法の組み合わせにより
排土量や公害、振動、騒音を極端に抑える技術です。
●安全性について
オーガと杭は独自のキャッチング機構で固定し、圧入機本体は軽量・コンパクトなうえ、操作はラジコンによる遠隔からの操作が可能により高い安全性を保持が期待できます。
●急速性について
システム化した機械・装置で合理的かつ円滑に施工ができるため工期が最短の時間で完了する事が期待でき、規制の厳しい地域や夜間でも、工事時間帯の制限を受けずに急速施工が可能である。
●経済性について
機械・装置や工法のシステム化により、現場作業員は最小人数で済み、工期の短縮により経済的負担も少なくなる。
●文化性について
杭表面に化粧材を施することで、景観との調和した高密度・高品質の美しい壁体の構造物を構築


パイラーエコオイルとパイラーエコグリース
自然環境にも配慮し、生態系に影響を及ぼす恐れがほとんどありません。

重機本体の作動油には、植物系の生分解性油脂類を使用しています。この生分解性油脂類は、万が一、水中や土壌に油脂類が流出しても自然界のバクテリアによって分解され、自然分解されます。土壌汚染や水質汚染の心配がなく、生態系の影響がまったくありません。新型の圧入機には、圧入機専用の生分解性作動油(パイラーエコオイル)とグリース(パイラーエコグリース)を標準採用しています。

■日時 : 2011-07-07 23:32:35■工法・技術