製品工法ガイド2012沖縄版 沖縄建設新聞(1−2)

2015年1月(1)
2014年9月(1)
2014年6月(1)
2014年5月(1)
2014年1月(1)
2013年9月(1)
2013年6月(2)
2013年4月(1)
2013年1月(1)
2012年10月(1)
2012年9月(1)
2012年8月(3)
2012年7月(1)
2012年5月(5)
2012年3月(2)
2012年2月(1)
2012年1月(1)
2011年9月(1)
2011年7月(7)
2011年6月(1)
2010年12月(1)
2010年11月(13)
2010年6月(1)
2010年5月(1)
2009年11月(2)





管理者用 ログイン画面
  会社の最新ニュース
製品工法ガイド2012沖縄版 沖縄建設新聞(1−2)

ガイアスーパーパイル工法
国土交通省NETIS登録番号 CB-100061-A
国土交通大臣認定/8CJ評定 FD0383-01
拡翼と掘削刃が回転貫入する基礎杭技術
沖縄で唯一の施工特約店として

 半円形の拡翼2枚と三角形の鉛直掘削刃を先端に取り付けた小口径鋼管を回転させながら地中にねじ込む回転貫入鋼管杭工法の一種。鋼菅杭の愚大軸径がφ267.4のガイアパイル工法にさらに紬径φ318. 5、φ355.6の2種の鋼管抗を増やしたのがガイアスーパーパイル工法で、国土交通大臣認定を取得。ガイアパイル工法と合わせると杭種がφ76.3から揃い、硬貨な沖縄の土壌にも幅広く対応できるようになった。同工法は株式会社丸浩重機工業が県内で唯一、施工認定を受けている。
 独自の杭先端形状により大きな支持力を発揮し、パイル芯のズレを極力抑えると同時に、軸力が地盤に均等に伝わるため、従来の鋼管杭工法に比べて貫入能力や建て込み精度が格段に向上。高層建造物の基礎杭としても適応できる。

低鍾動、低騒音、無残土で環焼に慢しい
 同工法はねじ込んで地中に貫入させるため、騒音や振動を抑え、都市部や住宅密集地、建物屋内での筋工を可能にしている。また、地盤改良剤やセメントミルクなどを一切使用しないので、残土をまったく発生させない。おかげで、残土処理に必要な大型車両も使用せず、C02削減に貢献できる.撤去した鋼管抗は100%リサイクル可。
製品工法ガイド2012沖縄版002

■日時 : 2012-05-28 16:39:35■会社案内