*★* 平成27年度 謹賀新年 *★*
平成26年度 ㈱丸浩重機工業 安全衛生大会 
新機導入(穴掘建柱車/いすゞ )
新機導入(100tクローラクレーン/1000HLX)
☆*☆*謹賀新年☆*☆*
平成25年度 安全衛生大会&親睦会
** お 礼 **
※※事務所移転のお知らせ※※ 
平成25年度 安全衛生大会(地域清掃)
☆☆ 謹 賀 新 年 ☆☆
琉球タイフーン(平成24年10月号)記事
平成24年度 ㈱丸浩重機工業 安全衛生大会 開催
沖縄県内 初導入≪RX-3300≫!!
★お礼★ 琉球銀行(豊見城支店)兼島支店長 様
平成24年度第1回 経営革新計画承認書交付式
★お礼★ ㈲沖縄機工 様へ  
『ひんぶんガジュマル』 を救った工法の詳細
製品工法ガイド2012沖縄版 沖縄建設新聞(2−2)
製品工法ガイド2012沖縄版 沖縄建設新聞(2−1)
製品工法ガイド2012沖縄版 沖縄建設新聞(1−2)
製品工法ガイド2012沖縄版 沖縄建設新聞(1ー1)
沖縄建設新聞記事(H24.2.29)NSエコパイル・NSエコスパイラル
沖縄建設新聞記事(H24.2.29)エポコラムー
週刊沖縄建設新聞 2012年(平成24年)2月8日
沖縄建設新聞 2012年(平成24年)1月25日
動画紹介
硬質地盤クリア工法導入こちら
沖縄建設新聞 2011年(平成23年)7月6日(水)第2544号
沖縄建設新聞 2010年上半期 総集編 Vol.14
沖縄建設新聞2010年(平成22年)11月3日(水)第2509号
2010年(平成22年)2月24日(水)第2473号
週間 沖縄建設新聞2010年(平成22年)1月20日(水)第2468号
大型免許・大型特殊免許
県内初導入
KOSMOSゴンドラ工法 NETIS登録番号 CB-100044 -A
工事経歴書
沖縄県初導入
工事経歴書
県内初導入
会社概要が更新されました。こちら
求人情報
硬質地盤クリア工法
クラッシュパイラー
硬質地盤クリア工法 県内初導入
沖縄建設新聞2010年2月24日水第2473号
沖縄タイムス 2010年7月31日(土)
営業
琉球新報 2010年6月2日(水)
沖縄建設新聞 2010年5月19日(水)2485号
厳しい改正基準基法に対応 沖縄建設新聞記事
事務職

2015年1月(1)
2014年9月(1)
2014年6月(1)
2014年5月(1)
2014年1月(1)
2013年9月(1)
2013年6月(2)
2013年4月(1)
2013年1月(1)
2012年10月(1)
2012年9月(1)
2012年8月(3)
2012年7月(1)
2012年5月(5)
2012年3月(2)
2012年2月(1)
2012年1月(1)
2011年9月(1)
2011年7月(7)
2011年6月(1)
2010年12月(1)
2010年11月(13)
2010年6月(1)
2010年5月(1)
2009年11月(2)





管理者用 ログイン画面
  地盤総合保証制度【THE  LAND】

地盤総合保証制度【THE LAND】
現在ご利用の地盤保証と比較してみてください。

大手損害保険会社が引受、10年確定により資力確保を現実。
大手損害保険会社と住宅瑕疵担保履行法に伴う内容(地盤に起因する事故は免責)に対応した、10年確定PL保険契約を締結。
修復に必要な資力を確保した上で確実な保証が行なえるシステム又、一物件ごとに付保証明書が発行されます。

*株式会社 丸浩重機工業は認定会社として、登録しています。
てん補率100%
1事故につき、5000万円まで保証。
国内大手保険会社による保証で確実な資力確保
(免責金額10万円あり)
他社の保険保証と違い、
THE LANDはてん補率100%で安心です。

保証開始は「基礎着工日」から
基礎着工日に始まり、引渡日より10年間

*分譲住宅の場合は建物完成日より1年以内に引き渡された日とし、それ以降の引渡しになる場合は、完成日から1年後が起算日となります。
*新築マンションについては引渡日から保証開始となります。

地盤の修復費用も保証対象



従来の他社の自社保証
『THE LAND』
「地盤損壊」保証
なし ×
あり ○
保険金 地盤の修復費用は支払われない 地盤の修復費用は支払われる
ビルダー(工務店)様も
被保険者で安心。
*従来の他社の自社保証は被保険者は地盤関連会社のみでした。
保険会社は地盤調査及び地盤改良会社のみに支払われる為、
ビルダー様には支払われない事があります。

「THE  LAND」は違います!THE  LANDの場合は保険会社が支払う契約内容は
(株)GIR、(株)GIR認定会社、ビルダー
保険契約内容によって守られている為、被保険者に該当します。
すべてが被保険者で安心のサポートです。

*近年の判例によると地盤調査の責任は、データを採用した設計者にあるとされています。
保険のしくみ
保険の契約内容によって、10年確定PL保険と地盤損壊担保特約SETになっています。
国内損害保険会社は(株)GIRを通し、地盤関連会社(認定店、認定会社)やビルダー(工務店)の保険契約を行ないます。
(株)GIRとの関係は右の図のような関係にあり、地盤関連会社(認定店、認定会社)は保証の申込や認定契約等の関係にあります。ビルダー(工務店)は付保証明書発行等の関係になります。地盤関連会社(認定店、認定会社)とビルダー(工務店)の関係は調査・工事、それに関わる工事の発注等の関係になります。(株)GIRに関わる、すべての地盤関連会社(認定店、認定会社)やビルダー(工務店)は被保険者となります。右の図で青い線で囲まれている部分すべてが被保険者になります。

対象建物基準




新築
住宅
新築
小規模店舗
新築
マンション
既存住宅
(沈下修正)


3階建て以下の木造・鉄骨造・RC造
1階建ての木造・鉄骨造・RC造 5階建て以下の木造・鉄骨造・RC造
3階建て以下の木造・鉄骨造・RC造


専用住宅・共同住宅・店舗併用住宅
(住宅部分の床面積50%以上)
店舗
(コンビニエンスストア等)
共同住宅・一部店舗
(住宅部分の床面積50%以上)
専用住宅・共同住宅


布基礎・独立基礎
基礎接地圧100kN/m2
ベタ基礎
50kN/m2
布基礎・独立基礎
基礎接地圧100kN/m2
ベタ基礎
50kN/m2
布基礎・独立基礎
ベタ基礎
150kN/m2
布基礎・独立基礎
基礎接地圧100kN/m2
ベタ基礎
50kN/m2




電子認証付きSWS試験またはBor調査(基準貫入試験)との併用 電子認証付きSWS試験またはBor調査(基準貫入試験)との併用 電子認証付きSWS試験またはBor調査(基準貫入試験)との併用 SWS試験、Bor調査(基準貫入試験)
ジャッキアップ工法

(*注意)適用条件は一部例外を除く
保険契約の概要

○株式会社ジオ・インシュランス・リサーチの認定店が行なった地盤調査・地盤改良工事の
瑕疵に対し、支払われる保険
○引受保険会社:A格 国内損害保険会社
保険期間 基礎着工日に始まり、引渡日から10年間
てん補限度額 1事故につき(*注)5000万円
免責金額 1事故につき10万円
てん補率 (修復費用-10万円)×100%

*注)保険期間中総支払額3億円

登録料・更新料・年会費一切なし。

どちらのビルダー(工務店)様も自由にご利用可能です。


沖縄県で唯一!安心のバックアップ!【地盤総合保証  THE LAND】の認定会社です。
地盤保証のプロフェッショナル GIR